このページの本文へ

通信容量が心配ならぜひこの設定を!

Apple Musicでオフライン再生できる曲のみを表示する技

2015年09月27日 12時00分更新

文● つばさ/週刊アスキー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 みなさま、こんにちは。

 サービス開始からしばらく経ちましたが、Apple Music、使っていますか? 気になるアーティストの新曲や聴いてみたかったアーティストの曲がすぐに聴けるので、便利ですよね。でも、Apple Musicはデフォルトではストリーミング再生をするので、使いすぎると通信容量が心配です。

 このため、Wi-Fi接続時のみ利用できる設定にしている方も多いかと思いますが、そうすると今度はMy Musicには入っているのに、グレーアウトして再生できないということが起こりがち。

 オフライン時でも再生できる楽曲(端末にダウンロード済みの楽曲)のみをMy Musicに表示することができます。

「アーティスト」と書いてあるメニューをタップ。

 ミュージックを開いたら、「アーティスト」(または「アルバム」など)と書いてあるメニューをタップします。

最下部の「オフラインミュージックのみ」をオンに。

 続いて最下部の「オフラインミュージックのみ」をオンに。これで、オフラインで再生できる楽曲のみが表示されます。

楽曲の横にマークの付いているものはローカルに保存済みです。

 ちなみに、ローカルに保存されているかどうかの見分け方は簡単。楽曲の横にiPhoneのようなマークが付いているものは端末内に保存されている楽曲です。Apple Musicは設定次第でいろいろな使い方ができるので、ぜひご自身に合ったスタイルを見つけてください!


■まとめて読みたい方はこちら
iPhoneとiPadで使える超便利Tips集

■つばさが紹介したiPhoneテクニックが動画になりました
iPhone使い方講座

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中