このページの本文へ

「3つのスーパー」で勝負するauのiPhone 6s発売イベント

2015年09月25日 11時54分更新

文● 南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIは9月25日朝、新宿の旗艦店「au SHINJUKU」でiPhone 6sおよびiPhone 6s Plus販売開始に合わせたイベントを開催した。まず最初にKDDI代表取締役社長の田中孝司氏が登壇。iPhone 6sシリーズに合わせた新料金プランも含めた「3つのスーパー」な同社の取り組みをプレゼンした。

KDDI代表取締役社長の田中孝司氏が登壇。スーパーの文字入り扇子を手に説明を開始
先日発表された新料金プラン「スーパーカケホ」は月額料金1700円と、これまでより1000円安くなる

 新基本料金プラン「スーパーカケホ」は3GB、5GB、8GB、10GB、13GBのデータ定額が選択(2GBは除く)でき、「auスマートバリュー」を適用すると最大2000円割り引き。データギフトやデータチャージ、データくりこしなどはこれまでの定額通話サービス「カケホ」と同様だ。

5分までの通話が無料なのは追従した他キャリアの新プランと同様だが、3GBプランが利用できるのが特徴。田中社長の背中には3GBの文字が
MNPユーザー40%が「スーパーカケホ」を選択
年内にiPhone 6sシリーズを購入すると前倒し利用料2000円が無料になるスーパーアップグレードキャンペーン
4G LTEとWiMAX 2+の両方に対応。田中氏は「実効速度は相当速いと思う」とコメント

 続いて壇上にはiPhone 6sシリーズを予約した12名のユーザーが登壇し、8時の販売開始に合わせてカウントダウンを開始。販売開始とともに幕が下り、同社CMキャラクターを演じる松田翔太さん、桐谷健太さん、有村架純さんが登場するサプライズが来場者を沸かせた。

同社CMキャラクターを演じる松田翔太さん、桐谷健太さん、有村架純さんが販売開始と同時に登場
続けて新CMもお披露目された

 iPhone 6s、6s Plus販売開始の前に発表し、他キャリアが追従した新料金プランに冠して、田中氏は「安倍総理大臣も喜んでくれるのではないか」と、携帯料金引き下げの動きを見せる総務省や安倍首相にジョーク混じりにコメント。また「我々が見るのはユーザーであって、政府ではない」として、政府の意向を受けた新プラン投入ではないと含みを持たせた。

記念撮影の様子。手にはもちろんiPhone 6sとiPhone 6s Plusが

 3キャリアが料金プランなどを互いに追従して横並びになっている構図は今回も変わらないが、田中氏は「私は競争論者だ」として「多彩なプランを提供したい。ユーザーにその中で自分にピッタリのプランを選んでもらうのが正しい」として、上限3GBから利用できる料金プラン「スーパーカケホ」の優位性をアピールしていた。

au SHINJUKUの2階フロアーではiPhone 6sシリーズのディスプレーを開始

■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中