このページの本文へ

GIGABYTE「G1.Sniper B7」

価格を抑えたSkylake対応ゲーミングマザー「G1.Sniper B7」が発売

2015年09月23日 23時17分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GIGABYTEから、チップセットにB150を採用するゲーミングマザーボード「G1.Sniper B7」が発売されている。グリーンをあしらったカラーリングも特徴的な1枚だ。

チップセットにB150を採用するゲーミングマザーボード「G1.Sniper B7」。グリーンカラーが特徴の「G1.Sniper」シリーズだ

 「G1.Sniper B7」は、チップセットにB150を採用する、ゲーミング向けモデルをうたいつつ価格を抑えたLGA 1151対応モデルだ。一部がグリーンカラーの拡張スロットは、PCI Express(3.0) x16×1、PCI Express(3.0) x4×1(x16形状)、PCI Express×2、PCI×2という構成。

 なおサウンドコントローラーには、SN比115dBAのRealtek「ALC1150」を採用。ニチコン製オーディオコンデンサー、着脱式オペアンプ「OP-AMP」を備えるなどこだわりの機能を備える。

2つあるM.2スロットは1つはWiFiモジュール用。32Gbps対応スロットはSSD用だ

 そのほか、オンボードインターフェースとしてギガビットイーサネット(Intel)、7.1chサウンド、SATA Express×1、M.2スロット×2(1つはWiFiモジュール用)、SATA3.0×6などを装備。I/O部には、グラフィック出力機能としてHDMI、DVI-Dを備える。

 価格は1万4990円。パソコンショップアークやドスパラ パーツ館、BUY MORE秋葉原本店、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

ゲーミング向けモデルをうたいつつ価格を抑えたSkylake対応モデル。Core i5クラスのCPUと組み合わせるのがいいだろう

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中