このページの本文へ

アップル、iOSへの移行用のAndroidアプリ「Move to iOS」リリース

2015年09月17日 16時40分更新

文● 二子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは、iOS 9のリリースに合わせて、AndroidユーザーがiOS端末にデータを移行するための純正アプリ「Move to iOS」をGoogle Play上で公開した(アプリへのリンク)。

Android→iOS移行用のアップル純正アプリをGoogle Play上に真っ向公開である

 対応しているのはAndroid 4.0以上の端末で、移行できるのはアドレス帳や写真、ブックマーク、カレンダーなど。iOS端末の初期設定時に「Androidからデータを移行」を選択するとコードが表示されるので、そのコードをAndroid側のアプリ内で入力すれば、iOS端末がWi-Fiアクセスポイントとなって、Android端末がそのネットワークに自動接続。データを転送する仕組みのようだ。

すでに日本語にも対応している
iPhone側に表示されるコードを入力するだけで、データが自動転送

 この手軽さはぜひグーグル側も参考にしてほしいものだが、ところでグーグルが同様の純正の一発移行ツールを用意したら、App Storeで公開させてくれるのだろうか……?



■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中