このページの本文へ

不倫サイト犯、6000万円以上のの賞金首に

2015年08月25日 12時45分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
人生一度。不正を働いてはいけません

 もうどこを見ても不幸でしかない。

 不倫サイトのアシュレイ・マディソンを運営するAvid Life Mediaが、数3800万人分の顧客リストを盗んだハッカーたちにお怒りだ。逮捕につながる情報を提供してくれたら50万ドル(約6000万円)の報奨金を出すという。

 トロント警察が、データ漏えいに関連した自殺について調べているという報告につづけて発表したもの(トロント警察による記者会見の模様)。

 警察によれば、すでに不倫サイト事件をネタにした詐欺師があらわれている。「お金を払えばあなたの情報を削除します」といって、2万円相当の金をだましとろうというものだ。

 日本では「人生一度。不倫をしましょう」のキャッチコピーで知られたアシュレイ・マディソン。もちろんハッカーが悪いのは疑いないんだけど、もはやすべてが不幸としか言いようがない。

 なおハッカーたちはオンラインメディアマザーボードのメール取材に応じ「セキュリティは何もなし。VPNのパスワードは1234」「写真の3分の1はディック=男性器」「Avidライフメディアは麻薬の売人のよう」などと語っている。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン