このページの本文へ

Operaならではの通信データ削減機能がついに動画にまで

Opera Maxがアップデート、YouTubeやNetflix でもパケット節約

2015年08月19日 21時18分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Opera Max 1.2の通信データ削減機能

 Opera Softwareは8月19日、Android用の無料Webブラウザー「Opera Max」をバージョン1.2にアップデートした。通信データ量削減機能をYouTubeとNetflix に対応したのが大きな特長だ。

 Opera Maxは、従来からデータの圧縮やキャッシュによって通信データ量を削減する機能を備えており、モバイルユーザーは月々のパケット料を節約できる。今回のアップデートでは、YouTubeおよび来月より日本でも提供開始されるNetflixに対応し、これらの動画データも削減できるという。

 これらの動画配信サービスではコンテンツ保護のためデータが暗号化されており、Webブラウジングや通常のビデオ圧縮のようなデータ圧縮では対応できなかった。Opera Maxでは、通信トラフィックなど通信速度や端末環境にあわせた圧縮データを送るトラフィック・ペーシング(トラフィック・シェーピング)を利用し、パケット料を節約したいときは低速回線用コンテンツを取得する。Operaによると、今日のモバイル通信量の50~55%はビデオ再生が占めているとしており、新Opera Maxを用いることでデータ通信量全体を最大で50%削減できるという。

 このほか、新たにWi-Fi接続時のデータ節約オプション、アプリのブロッキング機能が追加された。とくにアプリのブロックでは、許可のない利用状況やデータの取得を防ぐほか、バックグラウンド動作を停止してスマホのバッテリー利用時間を延長できる。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン