このページの本文へ

SAP HANA環境構築をより容易に

NEC、SAP HANA用ストレージとして「iStorage M」5機種を選択可能に

2015年08月18日 14時00分更新

文● 川島弘之/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NECは8月18日、インメモリデータベース「SAP HANA」を利用するためのストレージとして、ユニファイド・ストレージ「iStorage Mシリーズ」5機種を選択可能にした。「SAP HANA テーラード・データセンター統合ソリューション(iStorage)」(以下、SAP HANA TDIソリューション)として販売する。

 従来、SAP HANAを利用するには、SAPの認定を受けたアプライアンスサーバーのハードウェア構成をそのまま利用する必要があった。そのため、他システムで利用中のストレージと統合運用できないことや、仮想化運用時に機能制限があることが課題だった。

 SAPは、こうしたハードウェアの制限を緩和する「SAP HANA テーラード・データセンター統合」を定義し、その第一弾として、ストレージ認定「SAP HANA Enterprise Storage認定」を開始している。

 すでにEMC製ストレージが認定取得済みで、NECも「SAP HANA TDIソリューション(EMC)」として、先行して販売している。今回、iStorage Mシリーズにおいても認定を取得し、「SAP HANA TDIソリューション(iStorage)」として提供する。

 選択可能なストレージは、SAPの認定を受けたもので、事前に動作検証や評価を済ませている。これらをユーザー自身が行うことなくSAP HANA環境を構築できるため、従来より、大幅に導入期間を短縮できるという。

 iStorage M110/M310/M510/M710/M5000の5機種が選択可能で、1台のストレージを複数のSAP HANAアプライアンスサーバーで共有できるほか、iStorage Mシリーズのデータバックアップ機能などが活用可能となる。

SAP HANA TDIソリューション(iStorage)の提供イメージ

 また、すでにiStorage Mシリーズの該当機種を利用中のユーザーは、既存のストレージを活用し、短期間でのSAP HANA環境構築や現行のストレージ運用を適用することが可能という。

 SAP HANA TDIソリューション(iStorage)の価格は2300万円(M110モデル、税別)から。

カテゴリートップへ

ピックアップ