このページの本文へ

UQ、都心部でも9月にWiMAX→WiMAX 2+の周波数切替を開始

2015年08月10日 19時00分更新

文● オカモト/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 UQコミュニケーションズは、今年2月からスタートしていたWiMAXからWiMAX 2+への周波数切替について、これまで行なわれていなかった首都圏、京阪神、名古屋、政令指定都市などにおいても、9月上旬から作業を開始。9月末には全国エリア化を完成すると発表した。

 WiMAX 2+への周波数切替については、発表時の記事も含めて確認いただきたいが(関連記事)、同社は当初割り当てられていた30MHz幅でWiMAXを、その後追加された20MHz幅でWiMAX 2+のサービスを提供していた。今春からは前者の30MHz幅のうち、20MHz幅をWiMAX 2+に切り替えることで、WiMAX 2+の倍速化を進めている。

UQが割当を受けている計50MHz幅の周波数のうち20MHz幅を、順次WiMAX 2+に切り替えている

 ただ、その切替を行なうとWiMAX側の周波数が少なくなり、低速化するため(下り最大40Mbpsから13.3Mbpsになる)、WiMAXユーザーの利用者がまだ多く残る都心部については、この時期のスタートになったと見られる。なお、同社広報に確認したところ、9月末時点ですべての基地局で周波数切替を完了するという意味ではなく、面での全国エリア化を達成するとのこと。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン