このページの本文へ

新たなマーケティングツールに?

マイクロソフトの女子高生AI「りんな」、APIを企業向けに提供へ

2015年08月07日 16時59分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
話題の女子高生AI「りんな」のエンジン技術がLINE内で企業に提供される

 LINEは8月7日、LINEの企業向けAPIソリューション「LINE ビジネスコネクト」と日本マイクロソフトが開発・提供する人工知能「りんな」(LINE ID:@ms_rinna)の会話エンジン技術を活用した、人工知能型のLINE公式アカウントを企業向けに提供すると発表した。

 「りんなAPI for Business」は、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム、トランスコスモスを通じ、LINE ビジネスコネクト対応ソリューションの1つとして提供され、企業のLINE公式アカウントに実装することで導入可能となる。

 LINE公式アカウントでの個々のユーザーとの会話により、おすすめの商品や必要な情報を提供したり、ユーザーからの様々な問い合わせにLINE上で対応しつつ、オペレーターの人的コストを削減するなど、新たなCRM/マーケティングツールとして、LINE公式アカウントの有効活用が可能になるとしている。

 数日前に日本マイクロソフトのLINE公式アカウントに登場し、自然な受け答えで話題になっていた「りんな」だが、今後はこうしたマーケティングツールが増えるかもしれない。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン