このページの本文へ

AWSとビットアイル専有型IaaSを統合運用、bit-drive「マネージドクラウド」

ソネット、法人向けマルチクラウドサービスの提供を開始

2015年07月14日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソネットは7月13日、法人向けITソリューションサービス「bit-drive」において、マルチクラウドサービス「マネージドクラウド」の提供を開始した。Amazon Web Services(AWS)とビットアイルの専有型IaaSを統合管理できるポータルや、クラウドとのVPNゲートウェイを提供する。

bit-drive「マネージドクラウド」の概要

 同サービスではAWS、ビットアイルの専有型VMware vSphere環境「Vシリーズ」、それにbit-driveの共有型仮想サーバー基盤「イントラネット仮想ホスティングサービス」を組み合わせてハイブリッドクラウドを構築することができる。

 また、AWSやVシリーズ環境へのプライベートネットワーク接続を可能にするゲートウェイサービスも提供される。

 同サービスで提供されるポータルからは、AWSやVシリーズのサーバー運用監視、バックアップ自動化やリストアなどが簡単に操作できる。上述のVPNサービスやbit-driveのアプリケーションサービス群も同ポータル上で連携ができ、インフラの運用管理の効率化が実現するとしている。

マネージドクラウドのポータル画面

 利用料金(税抜)は、マネージドクラウド with AWSの場合、基本料金が月額5000円から(AWS利用料金などは除く)、マネージドクラウドゲートウェイサービスが月額3万5000円から。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ