このページの本文へ

Core i7-4790K搭載で27万円台

Fury X搭載、コンパクトでカラバリ豊富なキューブ型PC

2015年07月13日 15時50分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「GU-ID4H97M-O」

 パソコンショップアークは7月11日、AMDの最新ビデオカード「Radeon R9 Fury X」を搭載するキューブ型パソコン「GU-ID4H97M-O」を発表した。同日からオンラインストアと秋葉原店舗で受注を開始している。

 ゲーミングパソコン「GOUGER」シリーズの製品で、Radeonシリーズ最新作にして最上位モデルとなる「Radeon R9 Fury X」を搭載するモデル。メモリーチップを積層させる「HBM」技術を採用するのが特徴だ。メモリーチップはGPUと同一基板上に搭載可能なため、従来のハイエンドビデオカードと比べ、大幅な小型化を実現している(関連記事)。

 Aerocool製のキューブ型ケース「DS Cube Window」を採用。サイズは幅265×奥行395×高さ410mmとコンパクトで、9種類のカラーバリエーションを用意する。

カラバリは9種類

 標準構成は、Core i7-4790K(4.0GHz)、Radeon R9 Fury X、16GBメモリー、240GB SSD(SanDisk Extreme Proシリーズ)、2TB HDD、80PLUS GOLD認証の750W電源、Windows 8.1 Update(64bit)を搭載。価格は27万7800円だ。

 BTOに対応しており、スペックの変更や光学式ドライブの追加などが可能となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン