このページの本文へ

22種類のサーバーやストレージから選べる「Cloud Platform Suite R5」

NEC、セルフポータルを搭載したコンバージドインフラ

2015年07月07日 14時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月7日、NECは統合型システム「NEC Solution Platforms」の仮想化・クラウドサービス基盤「Cloud Platform Suite R5」の販売を開始した。ハードウェアとソフトウェアを組み合せて事前に設計・検証・構築し、ドキュメントをまとめて提供するセット製品となる。

22種類のサーバーやストレージから選べる「Cloud Platform Suite R5」

 新製品は、従来の統合型システムの特長である導入の容易さに加えて、仮想基盤のサーバーや仮想化ソフトウェアなどの組み合せパターンを22種に拡張し、柔軟なシステム構成を実現する。また、利用部門が日常運用を行なう管理画面である「セルフサービスポータル」を新たに搭載。管理部門が従来行なっていた運用管理の一部を利用部門へ委譲できるため、管理部門の負担を軽減できるという。さらに、NECのクラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」との一元的な監視が可能になり、ハイブリッドクラウド環境においても効率的な管理を実現した。

 価格は「Cloud Platform Suite ライトパッケージ R5」が220万円~、Cloud Platform Suite ベーシックパッケージ R5が1300万円~、「Cloud Platform Suite エンタープライズパッケージ R5」が3860万円~(すべて税抜)。出荷は8月下旬の予定。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ