このページの本文へ

SanDisk「SD7SB6S-128GB」、「SD7SB6S-256GB」

SanDiskの新SSD「X300」シリーズの128GBと256GBが発売

2015年07月02日 22時50分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SanDiskから、2.5インチSerial ATA対応の新型SSD「X300」シリーズが登場。ラインナップは128GBモデル「SD7SB6S-128GB」と256GBモデル「SD7SB6S-256GB」。パソコンハウス東映で販売中だ。

1Ynm世代のTLC NANDフラッシュをベースにする、2.5インチSerial ATA対応の新型SSD「X300」シリーズ

 「X300」シリーズは、1Ynm世代のTLC NANDフラッシュをベースにするSSDの新製品。最大1TBまでラインナップされ、2.5インチ、M.2 2280、mSATAの3モデルが用意される。そのほか「Ultra II」シリーズでも採用されるキャッシュ技術「nCache 2.0」のほか、低消費電力技術「DEVSLP」と「InstantGo」もサポート。アクティブ時95mW、休止時70mWの低電力動作を実現した。

 主なスペックは、最大転送速度がシーケンシャルリード520MB/sec、同ライト470MB/sec、ランダムリード9万1000IOPS、同ライト5万7000IOPSというスペックだ。

 価格は128GBモデル「SD7SB6S-128GB」が6980円、256GBモデル「SD7SB6S-256GB」が1万1980円となっている。

ラインナップは128GBモデル「SD7SB6S-128GB」と256GBモデル「SD7SB6S-256GB」

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中