このページの本文へ

ネットワールドが「Networld Cloud Mart Air」がオープン

バーチャルプライアイアンスをWebから購入できるポータル

2015年06月22日 11時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ネットワールドは、バーチャルアプライアンスなどの製品・サービスの検索・選定から試用、購入、導入までのプロセスをWeb上で効率的に行なえるポータルサイト「Networld Cloud Mart Air」を新設。本日6月22日よりサービスを開始する。

ポータルサイト「Networld Cloud Mart Air」

 バーチャルアプライアンスの購入は通常1~2週間ほどかかるが、Networld Cloud Mart Airを利用すると受注完了処理後、数時間から1日前後で納品できるため、スピーディーなシステム導入が可能となる。製品やサービスをWeb上で直感的に検索しやすい構造になっており、選定、試用、購入、導入などの場面に応じて最適な支援をワンストップで提供。追加購入の場合は、該当する製品・サービスを検索した後、すぐに試用・購入。導入までの期間の短縮に加えて、SDN(Software-Defined Networking)活用の加速にも寄与するという。

 取扱い製品には、フォーティネットのファイアウォール製品やコヨーテ・ポイントなどのロードバランサー、トライポッドのオンラインストレージのバーチャルアプライアンス版などが含まれており、今後はトレンドマイクロやカスペルスキーのセキュリティ製品を同サイト上で販売する予定。

 なお、30数社のSaaS製品を扱う流通情報サイト「NwaaS Style(ナーススタイル)」は「Networld SaaS Air」として、今後は「Networld Cloud Mart Air」に統合して提供する。

 さらに今後は、「ニフティクラウド」のOEM提供を受けて、自社ブランドのパブリッククラウド「Networld Cloud(仮)」をニフティクラウド内に構築する計画となっている。今回発表したNetworld Cloud Mart AirをNetworld Cloud(仮)のオプションとして展開することで、バーチャルアプライアンスやSaaSサービスも含めた付加価値のあるクラウドサービスをニフティクラウドのユーザーに提供していく予定となっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ