このページの本文へ

走行中だけでなく駐車中もしっかり監視

タッチパネル液晶装備で駐車中録画にも適したドラレコ「FineVu T9Vu」

2015年06月12日 19時13分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

FineVu T9Vu

 INBYTEは6月12日、タッチパネル液晶を装備し、駐車中の録画にも適した機能を持つドライブレコーダー「FineVu T9Vu」を発表、6月16日に発売する。

背面のタッチ液晶で操作できる 

 対角120度(水平94度)のカメラと200万画素CMOSセンサーを搭載。microSDカードに1280×720ドット(30fps)の動画を記録する。

撮影した動画は無料アプリケーション(Windows用)でフロント/リア同時表示も可能 

 3軸加速度(衝撃)センサーを内蔵しており、走行中であれば衝撃を感知して自動録画、駐車中は衝撃の感知やカメラによる動体検知で撮影を開始する。駐車時撮影では常時給電する電源コード(オプション)が必要となるが、常時電源を供給することから発火やバッテリー上がりなどの危険があるため、電圧監視機能、高温時保護機能を内蔵するのが特長。また、駐車の後に乗り込んだ際には駐車中に録画した回数などを通知する機能も持つ。

 外部ディスプレーへの映像出力(AV端子)が可能なほか、オプションでリアカメラ(30万画素)やGPSユニットを追加可能。本体サイズは幅106×高さ53×厚み25mm、重量88g。12V~24V電源で動作する。直販価格は2万4624円。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン