このページの本文へ

他デバイスとの同期機能もより手軽に

Android用Opera Mini、目に優しいナイトモードを搭載

2015年05月20日 16時38分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ベッドにスマホを持ち込んで寝るまでブラウジングしてしまう人のために

 Opera Softwareは5月20日、Android用Opera Miniをアップデート。夜のウェブブラウジングでも目にやさしいナイトモードを装備した。

単にスマホ側で画面輝度を落とすだけでなく、ブラウジング画面全体がグレーとなるようだ 

 最新バージョンは9。設定から「ナイトモードを有効」にすればブラウザー画面がグレーがかった表示となる。また「目の疲れを軽減する」モードでは、目にきつい青色を減らして画面の色調を赤・オレンジに変える。

タブ同期にはOperaアカウントへのサインインが必用だが、ワンタッチでサインイン画面へ移行できるようになった 

 また、デスクトップパソコンなどでもOperaブラウザーを利用している場合、他のデバイスで開いているタブとスピードダイヤル(メイン画面のサイト一覧)を同期する機能も強化され、同期に必要なサインイン画面へ移行するボタンがタブ表示モードの左下に追加された。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン