このページの本文へ

かざすだけで中が見える!NFC対応のSDカード

2015年05月15日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東芝が開発した、世界初のNFC機能搭載SDHCカードの海外モデルが店頭に入荷している。パソコンハウス東映やテクノハウス東映などの東映無線各店で販売中で、容量は8GB、16GB、32GBの3モデルだ。

世界で始めてNFC機能を搭載させた、東芝製のユニークなSDHCカードが店頭に入荷。NFC対応スマホをかざすだけでデータをチェックできる

 Androidスマートフォンなどで対応が拡大している、NFC(Near Field Communication)機能を搭載したSDHCカード。スマートフォンをカードにかざすだけで、メモリーの空き容量や保存した写真のサムネイルを確認できる「プレビュー機能」を特長とする。同様の機能を搭載したモデルとしては、世界初のカードだ。

 カードのチェックには専用アプリ「Memory Card Preview」を使用。従来のようにPCやデジカメなどに入れてデータを確認する必要がなく、複数のカードから目的のカードを簡単に見つけることができる。

専用アプリを使用し、メモリーの空き容量やサムネを確認可能。容量は8~32GBをラインナップしている

 インターフェイスはUHS-Iで、UHSスピードクラスがClass 1、SDスピードクラスがClass 10に対応。NFC規格はNFC Forum Type 3 Tagに準拠する。対応機種は、NFCをサポートするAndroid 4.0~4.4搭載のAndroid端末。

 東映無線各店における価格は、8GBモデルが1480円、16GBモデルが2230円、32GBモデルが3450円だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン