このページの本文へ

昆虫表紙の学習帳が復刻なるか!?

どの学習帳を使ってた? ジャポニカ学習帳が人気投票で復刻

2015年04月28日 15時48分更新

文● オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ジャポニカ学習帳は45周年。親子二代三代に渡って使用される国民的ノートだ

 アマゾンジャパンは、Amazonの「文房具・オフィス用品ストア」において、ショウワノートのジャポニカ学習帳45周年記念企画「あなたの1票が復刻を決める。歴代ジャポニカ学習帳人気投票」を開始した。投票期間は6月15日まで。

 同企画は、1970年代、1980年代、1990年代、2000年代に発売された各20種類・全80種類のジャポニカ学習帳の中から、お気に入りの表紙デザインを各年代から1つ選択して投票するもの。投票結果により各年代1位になった表紙を用いたノート4種類と、1970年の最初のシリーズの1つであるひまわりが表紙デザインのノートを合わせた5冊セットを、数量限定の復刻版商品としてAmazonにて先行予約販売を実施する。価格については、投票結果が発表される7月上旬にアナウンスされる予定。

1970年代

 投票ページにラインナップされている各学習帳をクリックするとおなじみのAmazonの購入ページに遷移する。こちらでは、表紙の拡大表示や雑学知識コーナーと言える学習百科シリーズを読むことができる。

1980年代

 投票候補としてラインナップされている学習帳のなかにはB5サイズのものもあるが、選ばれた際の復刻時にはA5サイズのノートとして製作される。また、それぞれ漢字練習帳や日記帳などは特徴的な罫線が使用されているが、これらの反映もされない予定とのことだ。

1990年代

 昨今は、表紙が気持ち悪いとして昆虫のデザインが見送られたという報道があったことも記憶に新しい。とはいえ、自由研究には昆虫はつきものだったし、学習帳に生き物は切り離せるものではないだろう。今回の人気投票でユーザー自身の手によって昆虫表紙のジャポニカ学習帳を復刻させてみてはいかがだろうか。

2000年代の学習帳には昆虫の表紙がめっきりと減ってしまった

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ