このページの本文へ

アスキースマホ総研 第51回

ドコモとauから発売のGalaxy S6 edge、デザインもスペックもスゴいぞ!

2015年04月28日 11時00分更新

文● アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

最も印象的なのがデュアルエッジスクリーン
実は持ちやすさが最大のメリットか!?

ドロイド でもやっぱり、Galaxy S6の最大の特徴はデザインだと思うのですよ。特にGalaxy S6 edgeのデュアルエッジスクリーン。

デュアルエッジスクリーンは、ただのデザインだけでなく、狭額縁に見える効果や持ちやすさにつながっている

スピーディー 全体的にこれまでのGalaxy Sシリーズと全然違う。従来は背面カバーがプラスチック製だったのに対し、S6はガラス素材だし、サイドのフレームも金属風塗装だったのが本物のメタルフレームになった。その代わりにバッテリーの交換には非対応になったけど。

側面はメタルフレームを採用。これまでのGalaxyシリーズに比べて、プレミアム感が大きく増した

カリー デュアルエッジスクリーンは見た目が奇抜なだけかと思ったんですけど、すごく持ちやすいんですよ。サイドのアルミフレームが薄くなっているでしょ。ここがちょうどいい感じに手のひらに当たるというか。モックをいろいろ作って試したんだろうなあとか想像しました。で、デュアルエッジスクリーンだからスゴイ! みたいな機能はあるんですか?

ドロイド スリープ中に時計を表示させる機能なんかもあるけど、一番便利なのはピープルエッジだね。サイドから引っ張るようにすると、あらかじめ登録しておいて5人にすぐに電話をしたり、逆にその5人からの連絡を即座にチェックしたりできます。

左画面の左上にある出っ張りを左にフリックすると、中央画面のようにあらかじめ登録した5人にすぐに連絡を取ることが可能になる。不在着信に対しても、右画面のようにすぐに対応が可能

スピーディー カリーさんは5人も連絡を取り合う友達がいますかね?

カリー 失礼な。素顔ではアスキースマホ総研やASCII.jp以外でも仕事をしているから、ピープルエッジにはいつも電話がかかってくる編集者を登録すればいいんですよ!

ドロイド そんなカリーさんにオススメの機能を紹介! 端末を伏せているときも、登録した5人からの電話についてはエッジ部分が色分けして光るんで、誰からの着信なのかが一目瞭然。

会議中など、端末を伏せた状態でもエッジ部分の光り方で誰からの着信かがすぐにわかる

カリー これなら、原稿ブッチしている編集者からの電話でも、わざわざ端末を手にして画面を見て、気分が暗くなって、出るか、それとも無視するかとか悩まなくてもいいわけか!

ドロイド ……まあそういうこと。普通の会社員でも、あの上司からの電話はすぐ出る、あの上司はツマラナイ内容で電話かけてくるから、適当なタイミングにかけ直そうとか判断できる。

Galaxy S6 edgeのカラバリもイイ!
Gold Platinumが特に美しい

スピーディー デザイン面に話を戻すと、カラバリも注目だよね。今回入手したのはau版だけで用意されているBlack Sapphireだけど、個人的にお気に入りはやっぱりGold Platinum。側面のメタルフレームも薄く金色が入っているのが美しい。

光の関係で少しわかりにくいが、Gold Platinumは側面フレーム部もわずかに金色に

カリー 発表会で見たGreen Emeraldも良かったですよ! なんか虫みたいでした……いや聞かなかったことにしてください。

最もインパクトがあるカラーが、ドコモ版のみに用意されているGreen Emerald

ドロイド Green Emeraldはドコモ版だけですね。au版はあとWhite Pearlの3色構成です。背面のキラキラ感が強いのはゴールドとグリーン。あんまり目立つのはなあという人はホワイトかブラックになるのかな。もちろんカバーを付けるというのもありだけど、美しいデザインだけにそのまま持ちたいかも。

au版のみのカラーが冒頭写真のBlack SapphireとこのWhite Pearl

カリー ドコモ版のみですが、エッジスクリーンじゃない「Galaxy S6」も発売されてますよね。

当たり前だが、平らなGalaxy S6

スピーディー 正直言うと、Galaxy S6 edgeを触ったあとだと、“普通のスマホ”って感じになるんだなあ。S6 edgeのあとに見ると、S6の普通の平らな画面がなぜか凹んで見える(笑)。錯覚だけど。

ほとんどのスペックに加え、側面にメタルフレームが用いられている点もedgeと同じ

ドロイド エッジスクリーン以外のデザインはほぼ同じだし、スペックもフルセグとNOTTVを搭載しない点以外は一緒なので、高性能なんですけどね。あとは個人の好みの問題でしょう。

  Galaxy S6 edge Galaxy S6 Galaxy S5
(参考)
販売キャリア ドコモ、au ドコモ ドコモ、au
ディスプレー 5.1型有機EL 5.1型有機EL
画面解像度 1440×2560ドット 1080×1920ドット
サイズ 約70×142
×7.0mm
約71×143
×6.8mm
約73×142
×8.3mm
重量 約132g 約138g 約147g
CPU EXYNOS7420 2.1GHz+1.5GHz
(オクタコア)
Snapdragon 801 2.5GHz
(クアッドコア)
メモリー 3GB 2GB
ストレージ 32GB(auのみ)
or 64GB
32GB 32GB
外部ストレージ × microSDXC
(最大128GB)
OS Android 5.0 Android 4.4
カメラ画素数 リア:16メガ/イン:5メガ リア:16メガ/イン:2.1メガ
バッテリー容量 2600mAh
(交換不可)
2550mAh
(交換不可)
2800mAh
ワンセグ
フルセグ ×
防水/防塵 ×/× ○/○
カラバリ White Pearl(au)、Black Sapphire(au)、Gold Platinum、Green Emerald(ドコモ) White Pearl、Black Sapphire、Gold Platinum shimmey WHITE、charcoal BLACK、sweet PINK(ドコモ)、Champagne Pink(au)

(次ページでは、「Android 5.0の機能をうまく活かす独自UI」)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン