このページの本文へ

在宅検査キットと、検査結果を確認するウェブサービスを組み合わせた

KDDI、スマホで家でも健康管理できる「スマホdeドック」

2015年03月16日 16時21分更新

文● コジマ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIは2015年夏より、自宅にいながら健康チェックができるセルフ健康チェックサービス「スマホdeドック」を提供すると発表した。

 専用の在宅検査キットと、スマートフォンやパソコンから検査結果を確認できるウェブサービスを組み合わせることで、健康診断を受診する時間がなかなか取れない人でも健康チェックができるサービス。第1弾として、リージャーと事業提携し、「生化学14項目血液検査サービス」を提供する。

 生化学14項目血液検査サービスでは、専用の検査キット「デメカル血液検査セットFF」を用いて0.065mlという微量の血液を採取し、専用検査センターに郵送。約一週間後にウェブ上のマイページから、糖尿病の指標などを含む14の検査項目結果を確認することが可能だという。

 さらに、検査結果に対する医学的見地からのコメントや、悪化要因・改善ポイントに関するアドバイス、自宅近くの病院を検索できる機能なども提供される。

検査キットイメージ
スマホやパソコンから、検査結果や、改善ポイントに関するアドバイスをチェックできる

 検査推奨年齢は20歳以上で、費用は生化学14項目検査1回につき4980円(税抜)。今後、感染症検査や血液以外の検査など、検査メニューを拡充していく方針だ。

 なお、サービス提供開始に先立ち、2015年4月中旬から2016年3月末まで、全国20市区町村・2健康保健組合と提携し、対象となる約24万人の市民・社員に健康チェックや生活改善に役立ててもらうため、本サービスの無料利用を案内するという。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン