このページの本文へ

コンクリートと土を混ぜて巨大な改良地盤

中部地方整備局、巨大地震に耐える珍しい手法で岸壁整備中

2015年03月04日 18時13分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
施工方法

 国土交通省中部地方整備局は3月4日、愛知県の三河港の地盤改良工事に国内では珍しい手法を用いていると発表した。

現場の様子

 対象は三河港神野地区7号岸壁の延伸・耐震工事。工事においては巨大地震に耐えられるだけの強度確保が目的として、もともと土であった部分にセメント系の固化剤を注入、土と混ぜ合わせることで強固な改良体とする。

施工箇所

 この手法を用いている例は全国的にもほどんとない珍しい手法としている。現在、今年度最後の工程となる深層混合処理工法を進め3月中旬まで施工する予定。また、来年度以降も施工位置の西側を整備する。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン