このページの本文へ

東京の路面電車世田谷線が花燃ゆラッピング車両化! 伊勢谷友介さんも駆けつける

2015年02月27日 17時14分更新

文● オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
花燃ゆで吉田寅次郎(吉田松陰)役の伊勢谷友介さんがラッピング車両を背景に出発進行!

 東京急行電鉄は、同社が運行している「東急世田谷線」の車両に大河ドラマ「花燃ゆ」のデザインを施したラッピング電車の出発式を報道関係者を対象に実施した。運行期間は今日27日から5月30日まで。

世田谷線は関東でも珍しい路面電車だ

 同取り組みは、世田谷線沿線に花燃ゆで題材として採用されている吉田松陰を祀っている「松陰神社」があることから。そして、世田谷線の開業90周年でもあることから、花燃ゆ仕様のラッピング電車を運行することで、世田谷線沿線の魅力を利用者に認知してもらうことが目的だという。同路線で大河ドラマのラッピング車両が走るのは初めてとのこと。

同路線で大河ドラマのラッピング車両が走るのは開業90周年の間で初めてだという

 出発式には、花燃ゆで主人公「杉文」の次兄である「吉田寅次郎(吉田松陰)」役に抜擢されている俳優の伊勢谷友介さんが登壇。自身がイラストされたラッピング電車を目の当たりにして「ちょっと恥ずかしい」と照れこぼしていた。

花燃ゆ仕様のラッピング車両の運行期間は今日27日から5月30日まで実施される

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ