このページの本文へ

MIPSアーキテクチャーCPUとグラフィックボードで3Dゲームもそのまま動く高性能

KitKatも動くハイスペックシングルボードコンピューター、出荷開始

2015年02月02日 15時59分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Creater CI20  

 英イマジネーション・テクノロジーズ(Imagination Technologies)は1月29日、高性能シングルボード「Creator CI20」をヨーロッパおよび北米向けに出荷開始したと発表した。  

 Creator CI20はデュアルコア1.2 GHzのMIPSベースのCPUを搭載、1080pやH.264に対応するPowerVR SGX540グラフィックプロセッサー、1GB RAMや8GBフラッシュメモリを搭載するなど、スペック的に見ると標準的なRaspberry Piの2倍以上のパフォーマンスを持つ高性能ボード。

電源ケーブル同梱で出荷される 

 USB×2ポートや有線LAN、HDMI出力、カメラ入力などの端子に加えオンボードで802.11n対応Wi-Fi、Bluetooth 4.0も搭載。ユーザーはLinuxに加えてAndroid 4.4 KitKatもインストール可能。価格は65ドルもしくは50英ポンド、同社のオンラインショップで購入できるが、対応する発送先に日本は含まれていない。

訂正とお詫び:初出時、タイトルと文中に誤りがございましたので、訂正いたしました。(2015年02月02日)

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン