このページの本文へ

スローモーションが撮影できる! キヤノンのビデオカメラ「iVIS」

2015年02月06日 13時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「iVIS HF R62」
「iVIS HF R62」

 キヤノンは6日、フルハイビジョンビデオカメラ「iVIS」の新機種「iVIS HF R62」を発表した。2月19日発売予定で、キヤノンオンラインショップによる販売予定価格(税別)は5万2800円となる。

上のブラウンモデルに加え、ゴールドとホワイトの3色展開となる

 HF Rシリーズは同社のビデオカメラのミドルクラスモデルで、ファミリー層を想定したモデル。32倍の光学ズームを内蔵し、AVCHD(最大60p、28Mbps)とMP4(最大35Mbps)での撮影に対応する点は従来機を踏襲する。

 同社のデジカメに採用されている「フレーミングアシスト」を新たに採用。望遠ズームで被写体を見失った、という時に画面上のアイコンを押すことで一時的にズームを広角側に移動し、被写体を見つけやすくする。

 また、新機種では1/2倍のスローモーション撮影と、最大1200倍の早送り撮影が可能。早送り撮影は倍速動画とインターバル動画の2種類の効果を選択できる。

 このほか、NFCに対応し、対応スマホをかざすだけで専用アプリ(CameraAccess plus)が立ち上がり、遠隔操作が可能となる。

付属品一覧 付属品一覧

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン