このページの本文へ

カヤック発、ダンボールとスマホで食育プロジェクト始動

フライパンにセットしたスマホを焼く! 炒める!「ダンボッコ キッチン」

2015年01月26日 15時41分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ダンボッコ キッチン

 カヤックは、ダンボールとスマートフォンだけで遊べるおもちゃ「ダンボッコ キッチン」商品化に向けクラウドファンディング 「Makuake」でプロジェクトを公開した。  

スマホアプリでレシピを選べばさまざまな食材が表示される

 ダンボッコ キッチンは、ダンボールで作ったまな板やフライパン、鍋にスマホをセット。スマホ画面には食材や料理の絵が表示され、料理に応じて絵が変わるという料理体験ができるおもちゃ。

まな板にセットした食材を切る 

 フライパンを傾けると具材が動き、煮たり炒めたりすると食材が調理される音も変化する。アプリは随時アップデートして料理が追加されるので飽きられることも少なく子供の知育・食育に役立つ。

フライパンや鍋にセットしたスマホの画像が変わって楽しく調理

 Makuakeでの支援は1000円(ステッカー)より、基本キット1個を入手するための資金提供は3000円(市販時予定価格3900円)。保育園や幼稚園など教育機関向けの10個セット2万円などのコースも用意されている。商品は5月中に出荷の予定。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン