このページの本文へ

さらに中国、イスラエルでもLTE国際ローミングの提供を開始

ソフトバンク、「アメリカ放題」がLTE対応に

2014年12月24日 16時39分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
アメリカ放題サービスページ  

 ソフトバンクモバイルは12月24日、米スプリント・コーポレーション(Sprint)のネットワークを用いたLTE国際ローミングを使用し、「アメリカ放題」でLTEによる高速データ通信を利用可能とした。

 アメリカ放題は、ソフトバンクの対応機種を利用し、アメリカ本土やハワイなどに滞在時した際にスプリントのネットワークで通話/SMS/データ通信に日本国内の料金を適用するオプションサービス。iPhone 6/6 Plus利用時はアメリカ国内や日本宛の発信が無料になる。LTEに対応したことで、より便利にアメリカ放題を利用できるとしている。

 また、12月26日よりLTE国際ローミングの対象エリアに、中国とイスラエルを追加。イスラエルでのLTE国際ローミングの提供は国内携帯電話事業者としては初という。今回の追加により28の国・地域でLTEが利用可能となる。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中