このページの本文へ

Googleの「Android One」スマホ、インド発の「Sparkle V」登場

2014年12月05日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Googleの低価格プラットフォーム「Android One」のスマートフォンがアキバ店頭に登場。インドKarbonnから発売された「Sparkle V」がJan-gle秋葉原本店と同3号店で販売中だ。価格は3万6800円(税抜)。

インドから海を越えてやってきた、新興市場向け「Android One」スマホの第一弾モデル「Sparkle V」

 Android Oneは、Googleが新興国市場向けに提供する低価格プラットフォームで、Sparkle Vはその第一弾となるスマートフォン。先進国を中心に10億人といわれるスマートフォン市場を新興国市場に拡大、“次の50億人”へ低コストでパフォーマンスに優れた端末を供給することを目指している。

 Sparkle Vはインドでの発売時に6399ルピー(104ドル)と安価ながら、4.5型IPS液晶やクアッドコアCPUなど、ミドルレンジ級のスペックを搭載している。極めてコストパフォーマンスに優れた端末で、現地でも大人気になっているらしい。

 ただし、今回直輸入で入荷したモデルは、「イギリス経由で輸入したためコスト増になった」とのこと。海外の珍しい端末に目がないマニア向けのスマートフォンといえるだろう。

現地では100ドル程度の価格ながら、ミドルレンジスペックを搭載する優れたコストパフォーマンスが魅力

 なお、OSはAndroid 4.4で、Android 5.0へのアップデートも予定。CPUはMediaTek製クアッドコアCPU、1GBメモリー、4GBストレージを内蔵。500万画素のメインカメラやBluetooth、無線LANなどのネットワーク機能を、デュアルSIMスロットを備える。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン