このページの本文へ

“ソーラー住宅”を本当に使えるものにする安心の長期発電モデル

シャープ、出力20年無償保証の住宅用太陽電池を発売

2014年11月25日 17時21分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

住宅用太陽電池モジュール「BLACKSOLAR」 

 シャープは11月20日、従来機に比べて出力を約3.5%向上させた住宅用太陽電池モジュール「BLACKSOLAR」シリーズを発表、12月9日より発売する。モジュールと機器に対する業界初の20年無償保証が付与されているのが大きな特徴。

左から NQ-095LD、NQ-210AD、NQ-148AD、NQ-095RD 

 単結晶太陽電池モジュールで、セルの裏面に電極を配するバックコンタクト構造を採用、電極密度も高めて従来無効になっていたエリア(セル周辺部分)のうち45%を活用できるようにしたほか、配線の密度も高めて損失を低減させるなどの工夫を行い、モジュールとしての変換効率は最大18.2%(NQ-210AD)を実現した。

電極を裏面に配置するなどして効率を向上させていている 

 また、従来同社太陽電池は長方形モジュールだったが、三角形状のパネルもラインナップが加わった。標準タイプに加えてコンパクト形を用いて面積を調整、さらに寄棟屋根ので斜め部分に配置することで、住宅屋根の設置容量を約3割有効に活用できるという。

コンパクトタイプのパネルと三角パネルにより住宅の屋根を有効活用できる 

 さらに、太陽電池モジュールの出力と機器を20年間、システム機器(パワコン/電力モニター/架台)を15年間保証する業界初の「BLACKSOLARプレミアム保証」が無償で付与されるのが特長(従来機種では無償で10年、有償で15年保証)。

 製品ラインナップは、標準タイプの「NQ-210AD」(公称最大出力210W、幅1165×奥行き990×厚み46mm)が12万9600円、コンパクト形「NQ-148AD」(148W、幅990×奥行き856×厚み46mm)が9万8388円、コーナータイプの 「NQ-095LD/NQ-095RD」(95W、幅990×奥行き1092×厚み46m)が6万3612円。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン