このページの本文へ

ソフトバンク、アメリカで通話とネットがし放題のサービスを開始

2014年09月17日 13時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アメリカやハワイ旅行に強力な味方!
ソフトバンクの新サービス「アメリカ放題」開始

 ソフトバンクモバイルは今日17日、新サービス「アメリカ放題」を9月19日からスタートすると発表した。

 アメリカ放題は、その名のとおりアメリカで使える新サービスで音声痛通話・データ通信が国内と同等になるというもの(アラスカ、モンタナ、グアム、サイパンは除く)。

 アメリカではソフトバンク傘下のSprintの通信網を利用する。追加料金は月額980円だが、新プラン「スマ放題」で5GB以上のデータ定額に加入している場合は無料。5GB以下のプランや旧プランの場合も当面は無料となる。

プレゼンテーションを行なった、ソフトバンクモバイル代表取締役副社長兼COOの宮内 謙氏

 Sprintのネットワークに対応する必要があるため、対応機種はまずはiPhone 6とiPhone 6 Plusの2機種。最初は3Gのみだが、速ければ11~12月にはLTEも使えるようになるとのこと。また、現地でデータローミングをオンにする必要もなく、日本で使っている設定のまま自動的に使うことができる。この場合の通信量は国際ローミング専用の制限などは無いという。

アメリカでの通話料が無料、通信量も特に制限が無いという新サービス。アメリカのキャリアを傘下に置く、ソフトバンクならではの本格的なコラボレーションと言えそうだ

このサービスを利用した場合の一例。iPhone 6かiPhone 6 Plusなら、ローミングなどの設定なしでアメリカに着いたらすぐに使えるとのこと

 通話も通信も別料金不要ということで、アメリカ旅行や出張で重宝しそうだ。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン