このページの本文へ

雑誌でもラケットでもまな板でも、板状のものがあればどこでもドラム練習

机や雑誌がドラムに早変わりする練習キット「CLIPHIT」

2014年09月04日 10時00分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

CLIPHIT

 コルグは9月4日、練習用パッドや日用雑貨にクリップを取り付けるだけでなんでもドラム演奏ができるドラム練習キット「CLIPHIT」を発表、9月中旬に発売する。 

身近なものがなんでもドラムになる

 CLIPHITはセンサー内蔵クリップ×3とペダルスイッチ×1(入力は2端子備える)、スピーカーを搭載する本体で構成される。クリップをドラム練習用パッドや適当な日用品(テーブルや雑誌、ダンボールなど)にはさんで叩けばリアルなサウンドが演奏できる。

 本体内蔵スピーカーは3インチ2W出力、バスレフも搭載して臨場感のあるサウンドを楽しめ、内蔵音源は11種類とジャンルに合った演奏が可能。サウンド入力も備えて既存楽曲に合わせて演奏でき、本体は単3電池×4本でも動作するので場所を選ばず楽しめる(ACアダプターはオプション)。

本体はコンパクトなタマゴ型。ボリュームや音源選択のダイヤルを備える 

 電池駆動時間は約6時間。本体サイズは幅163×奥行き173×高さ101mm、重量は453g(電池除く)。価格は1万800円前後。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン