このページの本文へ

Oracle DBとシームレスに統合する「Oracle Big Data SQL」発表

オラクル、Hadoop/NoSQLデータをSQL処理可能にする新製品

2014年09月02日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本オラクルは9月1日、HadoopやNoSQLといったデータソースに格納されているデータを「Oracle Database(Oracle DB)」内のデータとシームレスに統合し、SQL言語を使ってアクセス可能にする新製品「Oracle Big Data SQL」を発表した。9月中に出荷を開始する。

「Oracle Big Data SQL」は、Oracle DB内のデータと同じようにHadoop(HDFS)やNoSQL DBデータを取り扱い可能にする

 Big Data SQLは、HadoopやNoSQLシステム向けのエンジニアドシステム「Oracle Big Data Appliance」のオプションソフトウェア製品。Oracle DB向けのエンジニアドシステム「Oracle Exadata Database Machine」と連携して稼働する。

 Big Data SQLの透過的なアーキテクチャにより、Hadoop/NoSQL DB側の構造化/非構造化データがOracle DB内のデータと同じように、シームレスに扱える。これにより、既存のアプリケーションやBIツール、SQLスキルといった資産を生かして、より容易にビッグデータ活用に取り組むことが可能となる。

従来同様、SQLを使ってOracle DBにアクセスすることで、データソースを問わず透過的に利用できる

 さらに、権限コントロールやデータアクセス制限といったOracle DBのセキュリティ/アクセスポリシーも適用可能となり、Hadoop/NoSQLシステムにおけるセキュリティ課題にも対応する。

 なお、製品価格は発表されていない。オラクルでは出荷開始時に発表すると述べている。

“専門スキル”を不要にし、ビッグデータ活用の敷居を下げる

 発表会に出席した日本オラクル 専務執行役員 データベース事業統括の三澤智光氏は、Big Data SQLを通じて、専門スキルを持つデータサイエンティストだけでなく、より幅広いユーザーがビッグデータを扱えるようになると説明した。

Big Data SQLによって、これまで単に破棄していたデータや活用するために大きな手間のかかっていたデータを、容易に扱えるようになると、三澤氏は説明した

 「たとえば、Hadoop内のデータをSQLで分析したいケース。MapReduceを使った絞り込み、RDBへの高速な取り込み、SQLによる分析……と、必要なエンジニアリングスキルは多岐にわたる。これを解消しなければ、ビッグデータ活用は進まない」(三澤氏)

 また、構造化/非構造化データをSQLで扱える他社の競合製品との違いについては、「より高度な融合」「Exadataで培われた高速処理テクノロジー」の2点を挙げた。

Big Data SQLは、Oracle DB配下にHadoopなどのデータソースを配置するアーキテクチャとなっており、透過的/一元的なデータアクセスが可能。従来のスキル/アプリケーションがそのまま利用できる
クエリの処理をサーバー側だけでなくストレージ側でも行うExadataの「Smart Scanテクノロジー」を応用し、Big Data Appliance側でも処理を行うことで高速化を図っている

カテゴリートップへ

ピックアップ