このページの本文へ

Active Directory連携の設定など「Amazon WorkSpaces」導入をサポート

サーバーワークス、AWS仮想デスクトップの導入支援サービス

2014年09月01日 09時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AWS専門のクラウドインテグレーター、サーバーワークスは8月28日、Amazon Web Services(AWS)が東京リージョンからの提供を開始したDaaS(Desktop-as-a-Service)「Amazon WorkSpaces」の導入支援サービスの提供を開始した。20社限定で無償評価パッケージも提供する。

Amazon Workspacesは、Windows 7デスクトップ環境が利用できるクラウド型の仮想デスクトップサービス。利用できるアプリケーションやパフォーマンスによって4つの料金プランがある

 サーバーワークスが提供を開始した「仮想デスクトップ スターターパック(本番導入パッケージ)」では、WorkSpacesの設定構築などのテクニカルサポート、利用マニュアルの提供、さらに社内Active DirectoryとWorkSpacesの認証を連携させるためのVPN環境構築と設定を行う。

 初期費用(税抜)は68万円。また月額費用は固定制、従量制を選択できるようになっている。

 固定制の場合は、月額4万8000円に加えてクライアント台数分の月額料金がかかる(下表参照)。データ転送量、バックアップ費用はここに含まれている。一方、従量制の場合は、AWSの東京リージョン標準料金(下表)に10%(技術サポート、課金代行手数料)を加えた料金となり、データ転送量やバックアップ費用は別途かかる。

  スタンダード スタンダード+ パフォーマンス パフォーマンス+
内 容  -  Office 2010
トレンドマイクロ
 -  Office 2010
トレンドマイクロ
固 定 6200円/台 8200円/台 1万200円/台 1万2200円/台
従 量 47ドル 62ドル 78ドル 93ドル

 また、限定20社までとして「Amazon WorkSpaces用評価パッケージ」を無料で提供している。10クライアントまで、最長2カ月間の評価利用ができる。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ