このページの本文へ

画面表示が見えなくても高精度な文字入力が可能に

NTT、視覚障がい者向けスマホ用文字入力ソフト開発

2014年08月22日 16時25分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Move&Flickの入力方法

 NTT(日本電信電話)は8月21日、視覚障がい者向けのスマホ文字入力ソフト「Move&Flick」を開発したと発表した。

 一般的にスマホで利用されているフリック入力と同様に指をタッチ&スライドさせる方式で、画面表示を見ることができない人のためにキー位置を正確に捉えなくても入力できるように作られている。画面中央を指でタッチしたのち上下左右8方向へスライドすることで子音を選択、そののち同様に8方向にスライドさせて母音を選択する。

使用イメージ

 指の移動を精度よく検出するアルゴリズムを工夫し、スマホ画面のどこにタッチしても入力でき、指の移動距離の制約も少ない、すばやい音声フィードバックにより入力ミスも少ないほか、画面左右に入力文字の漢字変換や文章読み上げする機能などを付加し、文字変換や文章の編集しやすさを向上させている。

基本画面と文字入力方法

 同社では、開発したソフトをアプリとして配信・提供する形態を検討するとともに、今後とも視覚障がい者に使いやすい文字入力の開発を進めるという。なお、本ソフトの開発に際しては障がい者雇用を促進しているNTTグループの特例子会社 NTTクラルティの社員など視覚障がい者約30名の意見を反映したという。

タッチエリアの隙間などを工夫し、入力ミスを防ぐようになっている

利用イメージ(動画)

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン