このページの本文へ

手元を見なくても文字を入力しやすい/視覚障がいの人にもやさしい

ドコモ、スマホ向け新文字入力アプリ「Move&Flick」

2015年08月26日 15時33分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Move&Flick入力方法

 NTTドコモは8月26日、スマホ向けの新たな文字入力アプリ「Move&Flick(ムーブアンドフリック)」の無料提供を開始した。

 スマホ下部に文字入力エリアが大きく表示され、タップした位置を中心に文字入力キーが表示、タップした位置から8方向のいずれかに指をスライドさせて子音を選択、子音を中心に入力キーが表示され、さらに母音を選択することでひらがな入力を行なう。

 文字入力エリアの両サイドには、入力文字を漢字変換する機能、文字入力が正確かどうかを読み上げる機能が配置されている。

画面を注視しなくても文字入力できるのは色々と便利なはず

 入力エリア内であれば指を最初に置く場所がどこでもよいため、手元を見ることなく文字入力できるとうたう。また、正確にキーの位置を把握する必要もないため、視覚障がいの人にも利用しやすいという。

 料金は無料。利用可能な機種はiOS 8.1以降。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中