このページの本文へ

上海問屋「DN-11539」

切り替え先画面をワイプで確認できる4:1対応HDMI切替器

2014年07月29日 22時53分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋から、最大4台のHDMI機器を1台の液晶ディスプレーやTVに切り替え表示できる、4:1対応HDMI切替器「DN-11539」が発売された。

最大4台のHDMI機器を1台の液晶ディスプレーやTVに切り替え表示できる4:1対応HDMI切替器「DN-11539」

 サイズが180(W)×70(D)×20(H)mm、重量が約230gの本体は、背面に入力用のHDMIポート×4と出力用のHDMIポート×1、電源供給用のACアダプタポートを装備。ゲーム機やブルーレイプレーヤーなど最大4台のHDMI機器を、1台のTV・モニターなどで自由に切り替えて出力できる。

 また、入力映像をワイプ表示する「Picture-in-Picture」(PIP)機能を搭載。画面を確認しながら入力先を変更できるのが特徴だ。HDMI規格は1.4b、データレートは最大3.4Gbpsで、表示カラーは24/30/36bitディープカラーをサポート。対応解像度は4K2K(30Hz)、1080p、1080i、720p、576p、480p。映像切り替えは本体ボタンのほか、付属のリモコンからも行なえる。価格は4621円(税抜)だ。

入力映像をワイプ表示する「Picture-in-Picture」(PIP)機能を搭載。画面を確認しながら入力先を変更することができるのが特徴だ

【取材協力】

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ