このページの本文へ

ビル・ゲイツ財団なども参画する官民連携プロジェクト

企業の物流パワーがアフリカを救う「ラストマイル・プロジェクト」

2014年07月28日 17時44分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

タンザニアの医薬品供給庁(MSD)からタンザニア・プワニ州のルフィジデルタ地方にあるクリニックへ届けられた医薬品

 日本コカ・コーラは7月24日、同社の物流システムを用いた医薬品供給計画「ラストマイル・プロジェクト」がタンザニアで成果を上げていることを明らかにした。

 「アフリカなどの僻地に世界的医療機関がワクチンなど医薬品が届けるのは困難だが、そんな場所でもコカ・コーラのボトルを見ることができる」という事実から2010年に発足したプロジェクト。世界エイズ・結核・マラリア対策基金、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、各種企業などの官民連携で進められ、タンザニアやガーナで成果を上げている。

ラストマイル・プロジェクトを紹介するインフォグラフィック

 コカ・コーラは同社の物流ネットワークに加え、世界的企業ならではの蓄積した物流ノウハウなどを投入して医薬品・医療物資配給の改善。タンザニア医薬品供給庁(MSD)によると、流通システムは拡大を続け、以前は同国各地の倉庫150ヵ所にしか配送されなかった医薬品が、5500ヵ所を超える医療機関まで供給できるようになったという。

 プロジェクトの共同出資者と米国国際開発庁(USAID)は、今後5年間でモザンビークを皮切りにアフリカ8ヶ国に拡大するという。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン