このページの本文へ

Thermaltake「MeOrb II」

待ってました! Socket AM1対応CPUクーラーが来月登場予定

2014年07月24日 23時41分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Socket AM1プラットフォームを使ってるユーザー注目のCPUクーラー「MeOrb II」がThermaltakeから登場する。8月上旬にも販売が始まる予定だ。

8月上旬にも販売が始まるThermaltake製のCPUクーラー「MeOrb II」。Socket AM1プラットフォームに対応する注目のモデルだ

 「MeOrb II」は、サイズが92(W)×84(D)×35(H)mmのLowProfileサイズCPUクーラー。付属品に特殊な2穴仕様となるSocket AM1向けリテンション「AM1 Upgrade Kit」を加えることで、Socket AM1プラットフォームでも利用可能としたのが特徴だ。Socket AM1では、取り付けにくいリファレンスタイプクーラーしか選択できなかったため、すでに使っているユーザーはもちろん、これから対応APU購入を検討する人にとっても注目だ。 

Mini-ITXサイズのマザーであれば非常に相性がいい。対応ソケットは、LGA 1156/1155/1150/775、Socket FM2/FM1/AM3+/AM3/AM2+/AM2/AM1でTDPは65Wまでだ

 本体は、アルミ製ヒートシンクと6mm径の銅製ヒートパイプ×1本、オープンフレームタイプの80mm冷却ファン(1500~2500rpm/25CFM//18.5~28dBA)で構成される。対応ソケットは、LGA 1156/1155/1150/775、Socket FM2/FM1/AM3+/AM3/AM2+/AM2/AM1でTDPは65Wまで。週末26日(土)にTSUKUMO eX.店頭で開催されるイベント「Thermaltake&Tt eSPORTS徹底解説イベント」で実機がお披露目される予定だ。
 予価は3280円(税抜)。ツクモパソコン本店とTSUKUMO eX.で予約受付中だ。

付属品に特殊な2穴仕様となるSocket AM1向けリテンション「AM1 Upgrade Kit」が付く

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中