このページの本文へ

新型バッテリーと回生システム採用の実用デリバリーバイク

テラモーターズ、航続距離150kmの業務用電動バイクを発表

2014年06月12日 20時10分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

BIZMO II(ビズモツー)

 電動二輪、電動三輪の開発・製造・販売を行うテラモーターズは、業務用の電動バイク「BIZMO II(ビズモツー)」を発表、7月1日より発売する。

 新開発の3元素(ニッケル・コバルト・マンガンを最適配合)バッテリーを採用。一般的な電動バイクの48V20Ah(960wh)に比べて3.3倍の72V44Ah(3168Wh)という大容量バッテリーに加え、モーターには回生機能も搭載し、1回の充電で150kmという航続距離を実現。業務用用途では1ヶ月あたり4500円の経費節減ができるという。

テラモーターズはBIZMOⅡの発売から業務用バイク市場に本格参入する

 後部荷台を低い位置にすることで荷物を積んだときにも安定して走行できるほか、新聞配達や食品デリバリーや銀行・警備用など豊富なオプションパーツを用意する。

各種用途のため豊富なオプションを用意

 全長1950mm、車両重量は85kg。定格出力580Wのインホイールモーターを搭載。原付き1種として利用でき、最高速度は55km/h。充電時間は約7時間。価格は専用充電器付属で46万4400円。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン