このページの本文へ

定番Androidアプリ「Battery Mix」で電池残量をチェック!

2014年05月23日 15時00分更新

文● あすらん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スマホを使っていると、やっぱり気になるバッテリーの消費量。大容量タイプの端末も増えているが、それでもゲームなどに熱中していると、「あれ? こんなにバッテリーが減ってる!」というシチュエーションが起こりがちだ。

 この「Battery Mix」を使えば、バッテリーの減った原因を見つけられるかもしれない。

電池の増減を表しているグラフ画面。横軸が時間、縦軸がバッテリー容量で、どの時間の使用量が多いかがひと目でわかる
Battery Mix (バッテリーミックス)
価格無料 作者ayano
バージョン5.2 ファイル容量5.1MB
カテゴリーツール 対応バージョンAndroid 2.3.3以上

 例えば、地下鉄通勤での移動時など、スマホを使っていないのになぜかバッテリーが減っているというときは、電波状態が不安定で、電波をつかもうとバッテリーを消費している可能性がある。その区間だけ機内モードに切り替えるなどの対策をしておくことで、持ち時間の改善が期待できるだろう。

 グラフの下部には、ディスプレー/無線LAN/Bluetooth/GPS検索機能の稼働時間も表示されている。ここではディスプレーのバッテリー消費が大きいため、画面の明るさを押さえるなどの対処方法が考えられる。明るさを調節したことがないという人は、ぜひ一度落としてみて、バッテリーの減りがどれだけ変わるか試してみよう。

 グラフの上部にあるのは、現在のバッテリー残量、バッテリーが0%になるまでの時間、満充電までにかかる時間だ。使用/充電の時間は、環境によって変わるのであくまで目安だが、知っていて損はない。

画面上部のタブを「稼働プロセス」に切り替えると、バックグラウンドなどで動いているアプリが一覧できる。さらにアプリ名をタップすると……下にアプリ単独の時間ごとの電力消費が現れる。アプリの未使用時、バックグラウンドでバッテリーを使っているのかどうかを調べられる小さいサイズのグラフをタップすれば拡大表示して、任意のアプリのバッテリー消費を表示可能だ
そのほか、細かい表示方法やアラーム設定も可能アラーム設定は、一定のバッテリー容量まで減った際に、音やバイブレーションで教えてくれる機能で、充電忘れなどの防止に役立つ

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン