このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Apple Geeks第139回

セルフパブリッシングにiBookstoreではなくKDPを選んだ理由

2014年02月04日 11時00分更新

文● 海上忍(@u_shinobu

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本連載「Apple Geeks」は、Apple製ハードウェア/ソフトウェア、またこれらの中核をなすOS X/iOSに関する解説を、余すことなくお贈りする連載です(連載目次はこちら)。

 UNIX使い向けを始め、Apple関連テクノロジー情報を知りつくしたいユーザーに役立つ情報を提供します。

電子書籍、絶賛発売中です!

 いきなりの宣伝で恐縮だが、1月30日にKDP(Kindle Direct Publishing)で「OS X Mavericks対応 defaultsコマンド活用術 !」なる電子書籍を発売した。タイトルどおり、OS X Mavericksを対象にdefaultsコマンドの使い方を解説する内容だ。元に戻す方法もしっかり掲載しているので、OS Xの“隠し設定”に興味がある向きはぜひご利用いただきたい。今回は3部作の第1弾でFinder/Dock編、価格は3.71USドル(現在の為替レートで380円)。Kindle端末はもちろん、iOS版アプリ(iPhone/iPad)でも同等の表示を得られるよう制作している。

Image from Amazon.co.jp
OS X Mavericks対応 defaultsコマンド活用術 I

 この「OS X Mavericks対応 defaultsコマンド活用術 !」は、企画から執筆、デザインから校正まですべて筆者ひとりで行なった。出版元の「OTS Publishing」はただの屋号で、OTSは「海上」を安直に英訳(Over The Sea)したものの省略形だ。表紙デザインも自前、リンゴを手にした自分の手を撮りiOSアプリ「Waterlogue」で加工したものを利用している。

表紙の水彩画テイストの写真はiOSアプリ『Waterlogue』で作成した
Waterlogue App
価格300円 作者Tinrocket
バージョン1.0.1 ファイル容量39.9 MB
対応デバイスiPhone、iPad、iPod touch 対応OSiOS 7.0以降

 電子書籍ストアはいくつもあるが、今回はKDPを選択した。Macユーザー、しかもコア寄りをターゲットにした本ということもあり、「iBookstoreのほうが親和性が高いのでは?」という意見もあるだろうが、今回挙げる理由を読めばお分かりいただけるのではないだろうか。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中