このページの本文へ

クオリティー高すぎ! au未来研究所の仮設が神山健治監督によりアニメ化

2013年12月12日 20時01分更新

文● 太田/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 au未来研究所は、研究仮説に基づくシミュレーションアニメを公開した。アニメーション監督は攻殻機動隊や東のエデンを手がけた神山健治氏によるもの。

 「au未来研究所」は、未来の携帯電話のあり方をユーザーや外部パートナーと共に創造するため、KDDI研究所の付帯組織としてWeb上に開設する仮想のオープンラボラトリー。ユーザー自身がFacebookもしくはTwitterで研究所員になることができ、極秘研究やチャットを閲覧することができる。

 アニメは、制作はプロダクションI.G.とスティーブンスティーブンが手がける。コミュニケーションの夢と未来を考えることをテーマに、日夜研究に励むau未来研究所内で起きた事件を元に再現したドキュメンタリーアニメーション。主人公の城戸大助は福山 潤さん、ヒロインの水絵ゆうは佐倉綾音さん、ナビゲータープログラムのフィートは加隈亜衣さんが担当する。大変に見応えのあるアニメなのでぜひチェックしてほしい。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ