ASRock「C2750D4I」

SATAポート×12個のAvoton搭載Mini-ITXマザーがASRockから

文●山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Mini-ITXフォームファクターサイズながらSATAポートを12個も装備するマザーボード「C2750D4I」がASRockから登場。オリオスペックで販売がスタートした。

Mini-ITXフォームファクターサイズながらSATAポートを12個も装備するASRock製マザーボード「C2750D4I」

 「C2750D4I」は、Avotonことサーバー向けプロセッサー「Atom C2750」(8コア/クロック周波数2.40GHz/TB時2.60GHz/キャッシュメモリー4MB/TDP20W)をオンボードで搭載するMini-ITXマザーボード。特徴はAvotonオンボードはもちろん、計12ポートものSATAを装備する点だ。
 なお、SATAの内訳は、Atom C2750によるSATA3(6.0Gb/s)×2とSATA3(3.0Gb/s)×4のほか、Marvell“SE9172”によるSATA3(6.0Gb/s)×2、Marvell“SE9230”によるSATA3(6.0Gb/s)×4という構成。

計12ポートものSATAを装備。そのほか、デュアルギガビットイーサネット×2(Intel/i210)や、マネジメントLANポート×1も備える

 そのほかのスペックもサーバー向けモデルらしい作り。拡張スロットとしてPCI Express x8×1、メモリーはDDR3 DIMM×4(DDR3-1333/1600、最大64GB、ECCサポート)。デュアルギガビットイーサネット×2(Intel/i210)や、マネジメントLANポート×1、シリアルポート×1、USB2.0×2を装備。VGA機能(Aspeed/AST2300、DDR3 16MB)を内蔵し、出力はD-Sub×1を搭載する。
 価格は4万8800円。オリオスペックによると組み込み用として入荷したモデルながら、マザー単体でも販売中。今後、Mini-ITX対応ケース「ZNSC-800P」などを利用したBTOの販売も予定しているという。

いろいろ用途が思い浮かびそうなユニーク仕様のマザーボード。気になる人も多いかもしれない

【関連サイト】

【取材協力】

過去記事アーカイブ

2021年
01月
2020年
01月
02月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
2018年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2015年
02月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2014年
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
01月
05月
06月
07月
10月
11月
12月
2012年
01月
03月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
11月
2011年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2010年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2009年
04月
08月
10月
2008年
01月
02月
2007年
02月
03月
06月
07月
08月
11月
2006年
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
2005年
07月
10月
2004年
08月
09月