このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第271回

愛犬に活動量計! クラウドサービス「わんダント」を衝動買い!

2013年11月27日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
うちのワンコは1日2時間以上散歩するわんダント向きのワンコだ
うちのワンコは1日2時間以上散歩するわんダント向きのワンコだ

 いろいろな統計を見ても、日本には1000万匹を超えるワンコがいるらしい。日本の世帯数を仮に5000万世帯と考えると、5世帯に1匹のワンコがいることになる。

 そんなペットの代表格でもあるワンちゃんの健康管理を目的にはじまったクラウドサービスである「わんダントサービス」を衝動買いしてしまった。わんダントサービスは、「わんダント」と呼ばれる愛犬の首輪に取り付けた小型のハードウェアから収集したワンコの運動データをクラウドで管理するサービスだ。

FeliCa対応のワンコ向け次世代首輪デバイス「わんダント」

キットにはこれだけのモノが入っている
キットにはこれだけのモノが入っている
「愛犬用歩数計」という控えめな商品説明がなかなか面白い 「愛犬用歩数計」という控えめな商品説明がなかなか面白い

 ハードウェアと1年間のサービスチケットが同梱された販売パッケージを開くと、わんダント本体、ボタン電池、わんダント用FeliCaポート(USBドングル)、簡易ドライバー、わんダントホルダー(専用ケース)、ベルト、スタートアップガイド、わんダントサービス利用券、取説(保証書)が出てくる。

NFC搭載のSIMフリー版Xperiaで試みたが、結局、上手く動作しなかった 「わんダントサービス」は、1年間有効のワンコの運動管理クラウドサービス。1年経過後は月額420円が必要だ
NFC搭載のSIMフリー版Xperiaで試みたが、結局、上手く動作しなかった「わんダントサービス」は、1年間有効のワンコの運動管理クラウドサービス。1年経過後は月額420円が必要だ

 わんダントサービスを利用するには、飼い主がおサイフケータイに対応したスマートフォン、もしくはネット接続できるUSBポート付きのPC(Macは非対応)を持っていることが前提だ。

 筆者は最初、小さな可能性に期待して、NFC内蔵の「Xperia Z Ultra LTE」(海外SIMフリー版)を試してみたが、予想通りまったく動作しなかったので、PCで利用することとなった。NFCではなく、あくまで“日の丸おサイフケータイ機能”が必要なのだ。

わんダント本体(右)とPC用の“わんダント用FeliCaポート”(USB) おサイフケータイ対応スマホを持っていない人はPCでも大丈夫
わんダント本体(右)とPC用の“わんダント用FeliCaポート”(USB)おサイフケータイ対応スマホを持っていない人はPCでも大丈夫

 おサイフケータイ対応のスマホを使用しているユーザーであれば、わんダント本体とペアでシンプルに利用できるが、PC経由のネット接続なら、付属のUSBインターフェースの“わんダント用FeliCaポート”をわんダントとのインターフェースとして使用することとなる。

 わんダント用FeliCaポートは、パソコンのUSBポートに挿入すると”FeliCa Port/PaSoRi”(パソコン用の非接触型ICカードリーダー/ライター )として自動認識、動作し、わんダントに蓄積されたワンコの運動データを非接触で簡単にパソコン側に取り込むことが可能だ。

 わんダント本体内部には、3D加速度センサー、温度計、駆動用ボタン電池(CR2032が1個)、データ転送のためのFeliCa回路などが収納されている。これらによりわんダントは、愛犬の歩数や“ブルブル”、周囲の環境温度を自動で記録し、クラウドサービスにこれらのデータを蓄積できる。

 あくまで飼い主が統計的なデータを自ら見ることで、愛犬の健康管理を自主的に行なうものだ。クラウドサービスそのものが小さなビッグデータもどきを分析して、何らかのリコメンデーションやアドバイスを飼い主に提示してくれるシステムではない。


「戦略的衝動買い」とは?

 そもそも「衝動買い」という行動に「戦略」があるとは思えないが、多くの場合、人は衝動買いの理由を後付けで探す必要性に迫られることも多い。

 それは時に同居人に対する論理的な言い訳探しだったり、自分自身に対する説得工作であることもある。このコラムでは、筆者が思わず買ってしまったピンからキリまでの商品を読者の方々にご紹介し、読者の早まった行動を抑制したり、時には火に油を注ぐ結果になれば幸いである(連載目次はこちら)。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン