このページの本文へ

一期一会を逃さず、その場でシェア

無線LAN搭載SDカード「FlashAir」に32GBモデルを追加

2013年11月13日 18時24分更新

文● 八尋/ASCⅡ.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

無線LANを搭載したSDカード「SD-WD032」

 東芝は11月13日、無線LAN通信機能を搭載したSDカード「FlashAir」の32GBモデル「SD-WD032G」を発表した。発売日は11月16日で予想販売価格は7500円前後。

 FlashAirは無線LAN通信機能を搭載するSDカードだ。Wi-Fi環境のない場所で、デジカメなどで撮影した写真のデータを、その場でスマホやPCに転送できる。同社のWebブラウザーや専用アプリを使用して、写真の保存や整理が可能だ。

 32GBモデルは新たに「インターネット同時接続機能」を搭載する。アクセスポイントの情報をFlashAirに登録すれば、スマホの無線LAN設定をFlashAirにしたままでも、インターネットにつながった家庭内LANに接続できる。

 無線LAN規格はIEEE 802.11b/g/nで、SDスピードクラスはClass 10。サイズは約幅24×奥行32×高さ2.1mmで重さが2g。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン