このページの本文へ

システムの冗長化にも最適な「第2ゾーン」も開始

1時間9円から!さくらのクラウドで時間課金スタート

2013年09月27日 15時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月27日、さくらインターネットは、CPUとメモリを自在に組み合わせて使えるクラウドサービス「さくらのクラウド」において、1時間あたり9円からの時間課金を発表した。2013年10月1日より提供開始する。

 これまでは、20日未満の利用の場合は日割料金での精算となっており、20日の時点で月額料金が適用される料金体系だった。しかし、「いろんな構成を試してみたい」「もっと手軽に使いたい」というお客様の声にお応えし、1時間9円からの時間割料金を導入する。これまでは1時間の利用でも日割料金がかかっていたが、これからは1時間単位での時間課金となるため、最大で約90%安くなる。さらに、時間課金の導入後も従来の日割金額が24時間内の上限料金となり、他社クラウドサービスで一般的な完全従量制と比較すると、圧倒的に安くなるという。

新旧料金プラン比較:1日の料金

 また、さくらのクラウドを展開している石狩データセンターにおいては、第1ゾーンとは設備、システムを完全に分離した「第2ゾーン」の提供も開始する。それぞれのゾーンは独立した設備とシステムを持つため、万が一障害が発生した場合にも影響が波及せず、ユーザーはより堅牢な冗長システムを構築することが可能になるという。11月以降には、第1ゾーンと第2ゾーン間のネットワーク接続を実現する「ブリッジ機能」の導入を予定している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ