このページの本文へ

6製品一気にラインナップ

GALAXY純正アクセサリーをアイ・オー・データ機器が取扱開始

2013年09月10日 22時02分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アイ・オー・データ機器は、サムスン電子ジャパンのGALAXYシリーズ純正アクセサリー機器の国内における正規販売代理店契約を締結したと発表した。10月下旬より、モバイルバッテリーや車載キット、充電スタンドなどの販売を開始する。ラインナップは以下の通り。

  • モバイルバッテリー「EEB-EI1」
  • 充電スタンド「EDD-D200」
  • 多機能スタンド「EDD-S20」
  • HDMI無線アダプター「EAD-T10」
  • 車載キット「EE-V200」
  • NFCシール「EAD-X11」

 EEB-EI1は、9000mAhの大容量バッテリー。GALAXY S4(2600mAh)を約3回フル充電できる。バッテリー容量が確認できるステータスランプを搭載しており、5段階で残容量を視覚で確認できるのが特徴。本体サイズは幅65mm×奥行き94mm×高さ22.6mmで、重量は190g。想定価格は8480円。

EEB-EI1

 EDD-D200は、GALAXY Note Ⅱ、GALAXY S4に対応した充電スタンド。充電端子部分は折りたためてコンパクトにすることができる。3.5mmステレオミニジャックを搭載しているので、スピーカーと接続して充電しながら音楽を再生することも可能だ。本体サイズは幅85mm×奥行き87.1mm×高さ20.7mmで、重量は115g。

EDD-D200

 EDD-S20は、充電スタンドとしての機能のほか、HDMIでの画面出力、音声出力、USBハブ機能を備えた多機能スタンド。スマートフォンにケースが付いていることを想定し、充電端子周りは沈み込む構造になっている。対応機種はGALAXY Note II、GALAXY S IIIα、GALAXY S4。本体サイズは幅85.4mm×奥行き93.2mm×高さ25.1mmで、重量は154g。

EDD-S20

 EAD-T10は、スマートフォンとWi-Fiで接続し、テレビやディスプレーにスマートフォンの画面を表示させられるHDMI無線アダプター。EAD-T10とディスプレーをHDMIで接続し、スマートフォンとWi-Fiで接続すれば利用できる。解像度は1920×1080(1080p)ドット表示に対応している。本体サイズは幅63.1mm×奥行き86.7mm×高さ17.9mmで、重量は49.3g。

EAD-T10

 EE-V200は、4~5.5型のスマートフォンやタブレットを車のダッシュボードに設置させられる車載キット。設置したい場所に添付されている「ダッシュボードパッド」を取り付け、EE-V200の吸盤で設置する。スマートフォンとの接触部分は、クッションパッドを取り付けているほか、スライド式アームでスマートフォンを挟み込むため脱着もスムーズに行なえるという。本体サイズは幅114.65mm×高さ70.7mmで、重量は145.5g。

EE-V200

 EAD-X11は、GALAXYシリーズ用のNFCタグシール。定期的に行なう繰り返し動作を、EAD-X11に登録しておけば、スマートフォンをかざすだけで設定が行なえるのが特徴。例として、複数のアラーム設定を一括で解除したり、自動車に乗る際にマナーモードに設定したりできる。サイズは幅25×奥行き25mm×高さ0.37mm。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン