このページの本文へ

シトリックスがソリューション体験施設「エグゼクティブ ブリーフィング センター」を開設

“シトリックス版のアップルストア”が東京にオープン!?

2013年08月29日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シトリックス・システムズ・ジャパンは8月28日、東京霞ヶ関の本社オフィス内に「エグゼクティブ ブリーフィング センター(EBC)」を開設した。顧客やパートナー企業に対するブリーフィングやデモンストレーションの設備を備えるほか、同社自身がモバイルワークスタイルを実践するフリーアドレスオフィスにも隣接している。

 シトリックスでは現在、同社ソリューションを顧客やパートナーに実体験してもらう「エグゼクティブ ブリーフィングプログラム」をワールドワイドで展開しており、EBCはその拠点となる施設。すでに米国(カリフォルニア、フロリダ)、インド(バンガロール)、フランス(パリ)で開設しており、東京は4カ国目(5カ所目)のEBCとなる。

シトリックス東京EBCの内観。フロア正面にはマルチデバイスデモに対応したワイド側マルチスクリーンが並ぶ

ブリーフィングルームにはビデオカンファレンスシステムを備え、米国本社からプレゼンテーションを行うことも可能

 EBC内にはマルチデバイスのデモに対応したマルチスクリーンや、ビデオカンファレンスシステムを備えたブリーフィングルームなどを備えており、同社の最新ソリューションを直に体験することができる。なおEBC東京のチーフデモオフィサー(CDO)には、シトリックス・システムズ・ジャパンの小田学氏が就任している。

顧客の購買決定に大きな影響を与えるEBCでの体験

 米シトリックス・システムズのコーポレートコミュニケーションズ担当バイスプレジデントのデイビット・ジョーンズ(David Jones)氏は説明会で、同社の最新ソリューションをベストなかたちで体験できるEBCは「“シトリックス版のアップル・ストア”だ」と表現した。

 ジョーンズ氏によると、EBCでの体験を通じた取引は順調に拡大しており、2013年度の収益に対する影響(推定)はグローバルで6億ドル以上に達しているという。今年度はドイツのミュンヘンと東京にEBCが新設されたため、2014年度はこの影響が20%以上伸びるものと見込んでいる。

 グローバルでは2013年度第1四半期に160回、第2四半期に187回のブリーフィング/イベントがEBCで実施されており、日本からカリフォルニアやフロリダのEBCを訪問する顧客やパートナーが増えたため、今回東京にもEBCを開設したとジョーンズ氏は説明した。

米シトリックス コーポレートコミュニケーションズ担当バイスプレジデントのデイビット・ジョーンズ氏

EBCに隣接するフリーアドレスオフィスでは、同社スタッフがモバイルワークスタイルを実践している

 EBCに隣接するフリーアドレスオフィスでは、同社営業スタッフが仮想デスクトップソリューションの「XenDesktop」とコラボレーションツール「GoTo Meeting」「ShareFile」などを活用して日常業務を行っており、EBCを訪れた顧客は見学可能となっている。

 なお今回のEBC開設に合わせ、東京本社内のトレーニングセンターとコンピテンシーセンターも設備がリニューアルされている。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ