このページの本文へ

最新ルーターをフォトレポ!

月3880円で使えるマルチネットワーク対応モバイルルーター「GL09P」

2013年08月15日 19時14分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 イー・アクセス(イー・モバイル)は、下り最大110Mbpsの「SoftBank 4G」網(AXGP)と、イー・モバイルの下り最大75Mbps(1.7GHz帯)の両方に対応したデータ通信サービス「EMOBILE 4G」が使えるモバイルルーター「GL09P」(ZTE製)を発売した。

タイトルに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

 高速通信に対応しているだけでなく、5000mAhの大容量バッテリーを搭載し(着脱不可)、連続通信時間は約14時間を誇る。さらに、スマホなどへの給電も可能でモバイルバッテリーとしても使うことができる。操作はハードキーのほかにタッチパネルも採用しており、カラー液晶に表示されるメニューをタッチキーで選べる。

液晶画面の右側はタッチキーになっている

 自動回線切り替え機能により、ソフトバンクWi-Fiスポットとも接続できるが、イー・モバイル網とソフトバンク網の手動での切り替えはできない。

 「EMOBILE 4G」向けの新料金プランでメインとなるのが、月3880円のプランだ。2年契約を前提とした「4Gデータプラン(にねん)」と、「ずっとおトク割」の組み合わせになる。端末代は4万800円(1700円×24回)だが、上記プラン加入時に1700円×24ヵ月の割引が発生するため実質0円になり、月額は基本料金の3880円のみ。

 速度テストなど詳細なレビューはのちほど掲載するが、今回の記事は写真中心のフォトレポをお届けする。

モバイルルーターとしては、本体サイズはかなり大きい裏面はマット加工されており、すべりにくい
上部には端末情報を画面に出すINFOキーと、SIMスロット、microSDカードスロットがある下部にはmicroUSBコネクターと、スイッチキーを搭載
microSDカード内のデータを、WEBブラウザー経由で共有できるNAS機能もある
電源スイッチはボタンを切り替えるものになった右側面にはなにもない
USBコネクターが搭載されているので、ほかの機器への給電もできる。いざというときに役立ちそうだ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン