このページの本文へ

Wii Uがアップデートで電源オフ時にソフトの更新に対応

2013年07月11日 22時58分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 任天堂の据え置きゲーム機「Wii U」のシステムバージョンがアップデート(3.1.0J)され、電源オフの状態でも本体やソフトウェアの更新データのダウンロードやインストールが行なえるようになった。

「Wii Uプレミアムセット」の新色である白は7月13日に発売される

 本体の更新は、Wii Uをインターネットに接続して、「本体設定」の「本体の更新」から行なえる。電源がオフの時でもダウンロードとインストールを実施する機能は、本体設定に「電源の設定」から「電源OFF時の動作を設定する」を「使う」に設定することで利用できる。インストールまで行なえるのはソフトウェアのみ。本体の更新はダウンロードのみが行なわれ、次回起動時にインストールされる。そのほか、今回の更新ではシステムの安定性や利便性の向上しているとのこと。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ