このページの本文へ

詳細は5月21日公開

SCE、新作タイトルは「Panopticon」か? 製作はJAPAN STUDIO

2013年05月16日 20時59分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
本日公開された動画の一部

 プレイステーションのオフィシャルサイトにて、謎のティザーサイトが公開されているのをご存知だろうか? 特にタイトルなどの告知はなく、カウントアップを刻むUstreamが表示されているのみだった。

「to 1,000,000years」とある。100万年後に何かが…?

 本日(5月16日)19時にカウントアップがちょうど100万年となり、カウンターがストップすると同時に、SCEの新作と思しきプロモーション動画が公開された。

16日の19時、ちょうど100万年となりカウンターがストップ

「Panopticon」とは!? 新作の一部が明らかに

「JAPAN STUDIO」のロゴが

 動画の冒頭には「JAPAN STUDIO」のロゴが登場。JAPAN STUDIOといえば、SCEで初めて設立されたスタジオで、「LocoRoco」や「パタボン」などのタイトルを手がけた制作会社だ。

動画を見ただけではアクションゲームかRPGか判然としなかったが、とても迫力のある映像少年少女が巨大モンスターに乗り、さらに巨大なモンスターと戦う迫力ある映像が繰り広げられた

 ティザーサイトには動画の他に「2013.5.21告示」とだけあり、現時点では正式タイトルやプラットフォーム、発売日など詳細は不明だ。テイザーサイトのURLには「Panopticon」の文字が含まれており、本作のタイトルや内容に関係するキーワードを思わせる。

 ちなみに「panopticon」(パノプティコン)とは円形の監獄のことで、円形の塔の中心に監視局があり、周囲に独房が配置されている形式の建物。管理、統制された環境の比喩としても使われるという。プロモーション動画には監視カメラや兵士のような人物など「それらしい」モチーフが登場し、本作の舞台がディストピアのような世界観であることが伺える。…現時点ではあくまで予測でしかないが。

 今回公開された動画ではゲームの詳細はさっぱりわからなかったが、濃厚な世界観や、派手な戦闘が期待できる作品だということが想像できた。続報に注目したい。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ